冬限定アイテムを使って印象を変えるテクニック!

冬コーデだからこそ、冬にしか使えないアイテムを上手に使って冬感をプラスすることがよりおしゃれに見せるテクニックでもあります。
そこで今回は冬限定アイテムを厳選してみました!

1つ目はマフラーです。
マフラーは首元を寒さから守ってくるアイテムですが、首元のおしゃれとしても非常に効果的なアイテムです。
コーディネートの中で、多色はとてもうるさく映ってしまい、どうしても子供っぽい印象を与えてしまうものです。
しかし、マフラーをコーディネートに取り入れることで、カラーバランスを取ることができるため、多色コーデでも子供っぽく映らない効果があるのです。
また、カラーコーディネートという点でも、様々なカラーをマフラーに取り入れることで、全身に使えるカラーを増やすことができます。
マフラーに入っているカラーの同系色であればコーディネートに取り入れてもおかしく映らないのです。
もちろん、マフラーを外したときに映えるかどうかを考える必要はありますが、マフラー1つでコーディネートの幅が広がるとも言えるのです。

2つ目は手袋です。
外に出るとき限定になりますが、手袋をコーディネートに取り入れる方はとてもおしゃれで大人っぽい印象を与えることができます。
特にレザー系の手袋は非常に大人な印象を与えることができるアイテムで、ファーがついていれば可愛さも演出できるおまけつき!
カジュアルスタイルにはカジュアルスタイル向きの、キレイめにはキレイめ向きのアイテムがある点も冬限定アイテムとしても利用価値の高さを感じさせるところでもあります。

3つ目はコートです。
秋の終わりに着られるといえばそうなりますが、冬アイテムなのでランクインさせます!笑
特に女性のロングコートは冬で抜群の人気を誇るアイテムです。
また、男性であってもコートを身につけている方は少ない傾向にあるため、周囲と差別化を図りたい方はぜひコーディネートしてみてください!
カジュアルというよりはキレイめファッションにフィットするアイテムなので、合わせるアイテムが限られてくる点が難しいですが、決まった型で1コーデ作り上げて、そこから崩していくこともコーディネートの幅が広がって楽しいですよ。

冬限定アイテムをコーディネートに取り入れる目的は季節感を演出することです。
その季節にしか身につけることができないアイテムを取り入れることで、コーディネートの季節感をプラスして、よりおしゃれに見せることができるようになるのです。
特に冬は誰もが「寒い」と感じるので、非常に手軽に、効果的に冬感を演出することができます。

ファーやもこもこ系アイテムも冬には絶大な人気を誇ります。
キレイめの中の崩しに使うこともできますし、柔らかいものは基本的に可愛らしさを演出してくれるため、男性にとっても女性にとってもプラスに働くのです。

また、冬感をプラスするアイテムは膨張しやすいという特性も持っています。
セーターやニット、マフラー等が典型的な例です。
スタイリッシュなコーディネートを好む方は敬遠しがちですが、あえてこれらのアイテムを身につけることで、スキニーなどの体にフィットするアイテムを取り入れることでより細く、美しく見せることができるという利点も生じるのです。

冬感を演出できるところには思い切って冬用アイテムを。
そして、スタイリッシュに見せたいときは対極のアイテムをコーディネートに取り入れる。
トータルバランスが鍵を握る冬コーデは、それだけで難しく感じますが、メリハリをもたせることで夏以上の美しいラインを演出することができるのです。
アイテムの特性をしっかりと把握して、あなただけのモテ冬コーデを確立していきましょう。

冬のレディース人気ネックタイプ3選

個人差はありますが、男性目線から冬のレディースの人気ネックタイプを3つご紹介します!ネックタイプだけでコーディネートが決まるわけではありませんが、より女性らしさを引き立たせる点と冬コーデに合わせやすいという2点からトップ3をご紹介します!

第3位はタートルネックです。
キレイめなファッションを好む方や、お姉系ファッションを多くしている方に人気なネックタイプです。
ニット系やセーターに多く見られるタートルネックはどんなネックレスとも合わせやすい点が人気の理由として挙げられます。
小さめのネックレスでも、レザー調のネックレスでも大きなペンダントトップでも上手にフィットしてくれるため、気品溢れる大人のおしゃれを演出できるアイテムです。
ボトムスも非常に合わせやすく、1着でオシャレ感を演出できる点もポイントが高いです。

第2位はワイドネックです。
肩を出すスタイルであれば、セクシーさをプラスすることができ、普通に着ても横に広がるネックスタイルが女性らしい美しいラインを強調してくれるアイテムです。
特にニット系のトップスとの相性が非常にいいです。
男性視点でも女性視点でもニット系のトップスは冬コーデとして非常に人気が高いため、その可愛らしいトップスにセクシーさをプラスすることができるワイドネックは非常に効果的におしゃれな女を演出できるアイテムなのです。
カラーは特にベージュの人気が高いです。
タートルネックはブラックの人気が高いですが、開放的な印象を与えることができるワイドネックにはアースカラーがマストです。

第1位は冬の定番、オフタートルネックです!
オフタートルネックは冬にしか身につけることができないアイテムなので、冬コーデには取り入れていきたいアイテムです。
デニム、スカート、スキニー、ストレッチとほとんどのボトムスと絶妙なマッチをし、小物やアクセサリーとも調和してくれるため、コーディネートしやすいアイテムでもあります。
キレイめファッションに取り入れることもできますし、カジュアルスタイルにも取り入れることができるため、見せたい自分に仕上げることができるアイテムです。
カラーもアースカラー、暖色系、モノトーンと幅広い種類を用いることができます。
他にもグレーやネイビーなどの合わせにくいカラーもオフタートルネックであればマッチしてくれるため、使えるカラーバリエーションを増やすという点でも人気の理由が納得できます。
ニット系の人気はもちろん、セーターにも用いることができるためとても効果的におしゃれを演出することができます。

ネックタイプのみに照準を絞ってきましたが、使うアイテムによっては使用できないネックタイプもあるため、合わせる物に応じて上手に使い分けをすることが必要になります。

例えば、冬コーデであればマフラーを合わせたいと思う方もいらっしゃるでしょう。
マフラーを首に巻くのにオフタートルネックのトップスを持ってきてしまっては首周りがもこもこになりすぎますよね(笑)。
そういう場合はワイドネックやVネックの方が合わせやすく、女性らしさを演出できるため、一概にネックタイプで決めることは難しいのですが、あくまでトップス単品で見た場合という順位を発表しました。

モテトップスを身につけることで、コーディネートのアイポイントづくりになりますし、何よりあれこれコーディネートを悩む時間をメイクやヘアースタイルに費やすことができます。

冬はたくさんのコーデがあり、合わせることが出来るアイテムも無数に存在します。
その中から手軽に、簡単におしゃれを演出できる3つのネックタイプ。
今年の冬はこの3選を上手にローテーションして冬のモテコーデを完成させていきましょう。

冬に履きたいボトムス3選

冬のコーディネートは非常に幅が広く、様々なファッションスタイルが確立されていますが、その中でも冬に履きたい人気のボトムスを3つご紹介します。

1つ目がコーデュロイパンツです。
冬にしか履けない、冬の代表的なボトムスであるコーデュロイパンツ。
男性、女性問わずに履ける点と、暖かな印象を与える点が人気の理由となっています。
様々なカラーがありますが、オススメのカラーはアースカラーです。
中でもベージュやキャメルは非常に人気の高いカラーです。
このカラーはブラック、ホワイトのモノトーンカラーとの相性が非常によく、ハズレがありません。
また、ダークブラウンとも絶妙にマッチします。
ブラック、ホワイト、ダークブラウンの3色は冬コーデの主軸となるカラーです。
アウター、足元、小物、インナーのどこに配置してもしっかりフィットするカラーであるため、これらのアイテムと相性のいいアースカラーのコーデュロイパンツは冬コーデで大活躍するといえるのです。
コーデュロイ独特の生地が暖かさを演出するとともに、落ち着いた大人のおしゃれ感を演出してくれるため、キレイめファッションを確立したい方にとってはマストなアイテムであると言えます。

2つ目がダメージデニムです。
ダメージデニムは春秋ファッションアイテムとして認知度は高いですが、冬は寒いから敬遠する方が多いです。
しかし、冬だからこそダメージデニムはとてもおしゃれに映えるアイテムなのです。
ダメージデニムにも様々な種類がありますが、大きな穴が空いているタイプは冬にはタブーです。寒そうに見えるのではなく、ホントに寒いですから(笑)。
デニムの生地でしっかりとダメージ部分が隠れているタイプの物を選ぶようにしましょう。
ただし、履き続けている中で破れてしまうこともあるため、穴が大きくあいてしまっているタイプのものは中にタイツを履いて活用するようにしましょう。
女性であればおしゃれ感を演出することに繋がります。
男性のタイツも個人的にはおかしくないと思いますが、気になるようならあて布をするとおしゃれに見せることができます。
リメイクにもつながるテクニックなので、細かなところまで気遣いができる男として印象づけることにも繋がるでしょう。

そして最後に、冬にあえての白パン!
これは非常に勇気のいるコーディネートと感じる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、白パンは冬にもフィットさせることができるアイテムなのです。
全身ホワイトはとある芸人さんのようになってしまうためやめておきましょう(笑)。
しかし、ボトムスがホワイトで決まるとその他のコーディネートに幅が生まれるのです。
ホワイトはブラックはもちろん、ネイビー、ベージュ、ブラウン各種、レッド、パープル等様々なカラーとマッチするアイテムです。
そのマッチするカラーの多さは絶対的で、他のカラーにはない調和を生み出してくれます。
アウターとしてのホワイトは合わせるボトムスが難しく、インナーやトップスとしてホワイトを持ってくるとどうしても暗めのカラーでのコーディネートが主流となります。
そこで思い切ってボトムスをホワイトにすることで冬でも明るさを感じさせるコーディネートが可能になるのです。

冬の代表的なボトムスであるコーデュロイで冬感をプラスさせるコーディネートを。
ダメージデニムでほどよいロック感をプラスし、冬の白パンで明るさをプラスするコーディネートを。

冬だからこそ、たくさんのバリエーションが可能になるのです。
これまで挑戦しなかったアイテムをコーディネートに取り入れて、自分自身の感性に磨きをかけることで、新たなおしゃれコーデが誕生するのです。
ぜひ、手持ちのアイテムを上手に組合せて、あなただけの冬コーデを作り上げてください。

冬に上手に合わせたいカラー3選

冬コーデにおける重要なテーマの1つカラーコーディネート。
冬には様々なアイテムのたくさんのカラーがコーディネートを彩ってくれます。
そこで今回は冬の代表的なコーディネートに合わせたいカラーを3つご紹介します。

1つ目はレッドです。
暖色系の1つでもあるレッドはオールシーズンに取り入れることができる人気カラーの1つです。
冬コーデには上手に差し色として合わせたいです。
特にシャツには思い切ってレッドを取り入れていくようにしましょう。
前述の通り、暖色系の1つなので、同系色にはブラウンがあります。
冬のブラウンは暖かく見える要素とともに非常によく映えてくれます。
レッド一色のシャツというよりも、チェック系として取り入れたほうがより効果が高いです。
レッドの相性の良いカラーにはゴールド、ブラック、ホワイトがあります。
これらが入っているチェックであればもうカンペキです!
ワンアイテムで暖色、アースカラー、モノトーンを駆使できる優れものなので、アウターやボトムス、ブーツとのカラーリングを考える必要がなくなるほどに様々な箇所のアイテムたちとマッチしてくれるカラーと言えます。
シャツ以外にもインナーのワンポイントカラーとして使ったり、ベルトなどの小物に差し色として合わせても非常に効果的です。

2つ目にピンクです。
こちらもブラック、ホワイトと非常に相性がよく、アースカラーであるベージュとはあまり相性はよくありませんが、ダークブラウンには非常に映えるカラーです。
ショッキング系よりも淡いピンクの方が冬コーデには合わせやすいです。
女性であればトップスに思い切って持ってくるとより女性らしい印象を与えることができます。人気のニット系のトップスやカーディガン、ベストなどで用いるといいです。
男性であればベスト、シャツの襟元のワンポイントとして用いる方法もありますし、インナーのワンポイントとしても非常に使えるカラーです。
ホワイトやレッド、ネイビーとの相性がいいため、カジュアルテイストにも可愛らしさの演出にも一役買ってくれる人気カラーの1つです。
ピンクであれば春先にも使えるため、長い期間着られるアイテムとも言えます。

最後はベージュです。
ダークブラウンやブラウンよりも明るめのアースカラーですが、トップス、アウター、足元、ベルト、バッグやポーチなどの小物とベージュを用いたアイテムが非常に多いです。
ベージュは秋から春にかけて使えるカラーでもあるため、1年の4分の3を補える長期間使えるカラーとして非常に人気が高いです。
また、気品溢れるカラーでもあり、女性のカーディガンでベージュが非常に人気が高いことからも女性ウケ、男性ウケともにいいカラーであると言えます。
特に女性のニットのトップスにベージュはとても人気の高いアイテムです。
タートルネックでも、オフタートルネックでも、Vネックでもワイドネックでもベージュのニットであればなんでもカワイイです!
ベルトとして上半身と下半身のカラーをはっきりと分ける境界線としての使い方もありますし、ベージュであれば春や秋の見せベルトとしても使うことができます。
長い期間に使い回しの効くアイテムでもあるため、有効的に使うことで使用頻度が多くあるアイテムであると言えます。

レッド、ピンク、ベージュの3色をご紹介しましたが、冬コーデにあえて寒色系のカラーを合わせるテクニックも存在します。
トータルコーディネートが大切で、アウターの有無も考えたコーディネートが冬コーデには必要になるため、正解は1つではありませんが、上手に合わせてよりおしゃれ感を演出できる3色を、コーディネートにどう取り入れていくかを考えて、今年の冬コーデを存分に楽しんで組み立てていきましょう。

秋冬物を上手に整理しよう!

少しずつ肌寒い気温が長くなってきた今日このごろ。
きちんと秋物整理と冬物の準備はしていますか?

この時期は気温の変化も非常に激しく、なかなか整理がおいつかないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

秋冬は季節の変化が非常に難しく、気がついたら冬になっていたり、どんどん寒くなっていたりするものです。
そして、その変化は月単位ではなくいきなり切り替わることが多いため、非常にタイミングがつかみにくいです。

まず、秋物整理ですが夏から秋にかけて使ってきたアイテムはそろそろ整理して押し入れにしまうようにしましょう。
中でも生地の薄いものや寒色系のアイテムは冬では非常に使いにくいです。
これらなしでもコーディネートはできるため、来期を楽しみにしながらしまっておくようにしましょう。もちろん、半袖も対象です。
「温かい日は着るかな」と思っていても、温かい日はそうは着ませんし、長袖1枚のコーデにしてしまえば事足りるため、半袖を取っておく必要はありません。
特にトップスやインナー類に多い傾向にあるため、半袖と寒色系で生地の薄いアイテムは衣替えの対象としましょう。

次に冬物を出すタイミングについてです。
これは非常に迷いますが、11月1週目を目処にメンテナンスを始めるようにしましょう。
消臭はもちろん、虫食いや型崩れなどをしていないかのチェックをしておきましょう。
11月中旬以降に一気に冷え込むケースもあるため、このタイミングに実施をしなければ出遅れにつながってしまう可能性もあります。
そして着たいと思ってすぐに着れるものではありません。
少なくとも半年以上押し入れで眠っていて何かしらのメンテナンスは必要です。
春先にクリーニングに出しておいたとしてもそのまま使えるとは限らないためしっかりと確認するようにしましょう。
特にアウターは生地が厚い分、臭いがこもりやすいです。
自分で着ていてわからなくても、周囲にとっては非常に敏感に察知してしまう部分になります。周りに気を遣うこともおしゃれの要素の1つです。
必ず実施するようにしましょう。

また、アウターだけでなくセーター類やブーツもしっかり確認しておきましょう。
これらも臭いは天敵ですし、型崩れの影響をモロに受けてしまうため注意が必要です。
特にニット系は要注意ですし、レザー系も物によっては臭いを発するため注意が必要です。
以前、私の友人に香水でごまかす作戦をした人がいましたが、香水の臭いと混ざってなんとも言えない独特の臭いを発して周りからブーイングを受けていた人がいたため、本当に注意してください(笑)。

そうは言ってもなかなか休みが見つからなかったり、時間がなかったりする方が多いと思います。
そのような多忙な方は上手に時間を作るように心がけましょう。
それは日々のコーディネートの際に一緒に確認するようにすることで解消されます。
服が好きだからこそ、いろんな服をお持ちでしょうし、コーディネートにも日々、注意を払っているかと思います。
服選びのふとした間に「大丈夫かな?」とチェックしてダメなら外に出しておくこと。
それだけで戻ってきたときにメンテナンスをする確率は上がるはずです。

せっかく好きで集めた冬物アイテムたち。
そして、1シーズンあなたを彩ってくれた秋物アイテムたち。
最高の状態で着られるように、秋物はきちんと整理してしまって、冬物はメンテナンスして使える状態にしておくこと。

当たり前のようでなかなかできないこれらの行動を起こせる人こそ、本当に服が好きで、ファッションが好きで、おしゃれな方だと私は思います。

たくさんのアイテムが混在するこの季節。
今年の冬のために、来年の秋のために、しっかりと整理整頓して万全の状態で迎えられるようにしていきましょう。